成年後見制度とは?


成年後見制度は認知症や知的障害、精神障害といった精神上の障害によって自分では判断を行うことができないような状態の人を助ける人を法的に付ける制度となります。

成年後見人というと対象者となる人の財産の管理を行う人というイメージを持っている人も多いのですが、実際には財産管理だけを行うのではなく、本人の権利や命を守るということも重要なことになりますから、法律がかかわってくる手続きを行うことになりますから財産に限定されているわけではありません。

成年後見制度には法廷後見人制度と任意後見人制度があり、簡単に説明すると法廷後見人制度は本人の判断能力がすでに低下している状態で家庭裁判所で申し立てを行うことになり、任意後見人制度は本人の判断能力が低下する前に本人が後見人となる人物を希望することができる制度であり、手続きな度は公証人役場で行うことになります。

日本の現状を考えると元気なうちにできることを行っておくということが大切なことになってきます。詐欺被害も年々増加していることを考えても判断能力が低下してしまってからその重大さに気がついて慌てても一度詐欺被害になってしまったりしたら後悔しか残らないことにもなります。

正常な判断を行うことができるうちだからこそ自分の希望する人を後見人として指定することができるということは自分が信頼できる相手を選択することができるということになります。